妊活は女性だけじゃない!男性も一緒に妊活に励もう

子供を持つために妊活に励んでいる人は多いですが、女性の側にだけが努力をして男性は何もしていないということも多いのではないでしょうか。

女性が妊娠しやすい体質に改善することはもちろん大事ですが、長く不妊が続いている場合は男性の側にも問題がある可能性がありますので、不妊の検査を行うときなどはひとりだけではなく、夫婦どちらも受けておくことがおすすめです。

そして、それぞれの原因に合わせて対策を行っていきましょう。

男性も一定の年齢を超えたら体質改善の努力をするべき

女性も年齢とともに卵子の質が低下するなど妊娠しづらい状態になっていきますが、やはり男性も加齢とともに精子の量が減ったり、質が落ちてしまうこととなります。

こうした場合も体外受精などで対応できることがありますが、自然妊娠を希望するのであれば体質改善は欠かすことはできません。

精子の質を高めるためにもやはり日頃から健康管理はしっかり行っておきたいところです。

まず、喫煙の習慣があるという人はそれをやめる努力も取り入れてみてはいかがでしょうか。

タバコは吸ったときは一時的にほっとした気持ちになりますが、体に有害な物質が多く含まれており、長期に吸い続けることは健康にも害が出てきます。

そしてタバコの成分は精子の運動機能を落としてしまったり、形成にも影響が出てくる可能性がありますので、できるだけ吸わない努力はしていきたいところです。

どうしてもやめられない場合は、禁煙外来の利用も考えてみてはいかがでしょうか。

男性も偏食はNG!妊活に向いているメニューとは?

さらにバランスの良い食事を摂ることも大切です。栄養が偏っていたり、不足することもよくありませんので外食やインスタントが多いという人は食事内容も見直してみましょう。

特に亜鉛は精子や精液を作るのに大切な成分ですので、不足しないよう気をつけたいところです。

食品では牡蠣や牛肉などに多く含まれていますが、効率よく摂りいれるのであればサプリメントを活用することもおすすめです。

それから精子は熱に弱いとされていますが、きつめの下着は熱がこもりやすい傾向にありますので、体にぴったりフィットするタイプよりも通気性のよい、ゆったりとしたトランクスタイプを選ぶこともおすすめです。

そして長く禁欲することも運動機能を落としてしまうことにつながりますので、適度に放出することも大切です。

このほかでは薄毛治療を行っている場合も、薬の影響で性機能が低下してしまうこともありますので、治療をはじめて性機能が落ちたと感じた場合は医師に相談してみましょう。