妊活中に食べたほうがいい食材は?おすすめの妊活メニュー

妊活中の食生活は普段の食生活よりも気を使う必要があり、特に食べた方がいいという食品や栄養素を豊富に取り込むことによってより妊娠しやすい体質を作ることが大切になります。

前提条件としては三食バランスよく摂取することが大切だとされていて、できる限り体に悪影響を与えるような食品や栄養素を避けることがポイントになります。

では妊活中におすすめの食べた方がいい栄養素としてはどのようなものがあるのかというと、まず一番大切だとされているのがたんぱく質です。

まずはタンパク質の摂取が第一

最近の女性はダイエット目的でたんぱく質を制限すると言う人が多いのですが、たんぱく質は胎児の体や期間を作るために重要な栄養素となっていますし妊活中の場合は不足してしまうと妊娠するために重要なビタミンB郡の欠乏症に繋がってしまうと言うリスクを背負う事になります。

そのためビタミンB群も当然妊活中は摂取しておきたい栄養素としてあげる事ができるのですが、その中でも特にビタミンEはホルモンのバランスを整えて生理周期を正常化してくれるだけではなく血液循環も良好にしてくれるので受胎率を高める効果があると言われています。

また男性側も摂取することによって男性ホルモンの生成・分泌を良好にしてくれるので生殖機能を維持することができるという効果があり、どちらにとっても妊活中には必須の栄養であると言えるわけです。

葉酸の摂取も必須!さらに体を温める食材も積極的に摂りましょう!

さらに必須とされている栄養として外せないのが葉酸であり、妊娠中も摂取することによって胎児の先天性の疾患を予防することが出来るなど非常に重要な栄養として取り上げられています。

ほかにも食品としては子宝の果物として知られているザクロや体を温めることが出来るしょうがなどがおすすめされていますし、血行改善の効果のある赤身魚・羊肉・牛肉・トマト・にんじん・パプリカ・クコの実・なつめや、ホルモンの働きを高めてくれる黒ゴマ・黒米・黒豆などもおすすめされています。

これらの栄養や食品を使って作ることができるおすすめのメニューも色々取り上げられていますが、例えばしらすとしょうがを使った稲荷は酢飯の中にしらすやがり(しょうが)を入れて稲荷の皮に入れるだけで簡単に作ることができます。

ほかにも葉酸を取りたいという人におすすめのメニューがほうれん草とにんじんを使った白和えであり、妊娠に必要な栄養を確実に取る事ができるだけではなく簡単に作ることができるので時短メニューとしてもおすすめされています。