妊活中はこれがNG!改善したほうがいい生活習慣

妊娠のための活動を行うことを、妊活と呼ぶことが多くなっています。

妊活の際には排卵日を覚えておくことはもちろんですが、そのほかにも葉酸などの栄養素をしっかりと摂取したり、規則正しい生活をするなどをした上で妊娠するためのタイミングを考えておいたり、子供を迎えるにあたっての準備をしたりするようにします。

できれば、食事の際には肉やトマトといった赤い食材を多めに摂取するほか、黒ゴマやヒジキなどの黒い色をした食材を摂取すると良いとされます。

運動面では無酸素運動と有酸素運動の両方を組み合わせておくと良いといわれています。

また、自然妊娠を望むのであれば改善しておいたほうがよい生活習慣も存在します。

お酒の飲み過ぎと喫煙は妊活NGの代表格

まず、お酒の飲み過ぎは行わないようにしましょう。お酒は適度に飲む上ではストレス解消になるため適量を飲む分にはむしろ推奨される方法です。

しかし、それも量を多く飲んでしまうと健康にはよくありません。特に、妊娠のために取り組んでいるのであれば控えるようにしておいたほうが無難でしょう。

カロリーを考えた場合には甘いカクテルのような飲料よりは焼酎の水割りなどが良いとされています。

もう一つ、改善したほうが良い生活習慣の代表的なものとして喫煙が挙げられます。

たばこは、子供が欲しいと考えている人にとってはすぐにでも禁煙を考えておくようにするべき生活習慣といえます。

たばこを吸うことによって、身体の中の血管を収縮させてしまう作用を持っています。そして女性ホルモンの低下も認められています。

また、妊娠中の喫煙習慣は胎児に悪影響を及ぼしてしまうことになりますので、絶対にたばこは妊娠期間においては吸ってはいけないことになっています。

体を冷やさないよう血行不良には注意しよう

ほかに改善したほうがいい生活習慣としては身体の冷えをつくるような生活習慣です。

冷え性は妊活の大敵といわれています。血行不良によって細胞の働きを鈍らせてしまうことになります。

それから妊娠しづらい体質へと変化してしまうこともあるため、冷え性の場合は改善したほうが良いでしょう。

妊娠を心がけておくにあたっては、身体を温める習慣をつくることが子宝を得るための近道といえます。

下着や洋服のしめつけも、冷え性の一因になってしまうことがあります。そのため、服を選ぶときには少しゆったり目のサイズを買っておくようにすると良いとされます。

甘いものを摂取するときには、取りすぎも冷え性の一因といわれていますので控えめにしておくと良いでしょう。

このように、日ごろから健康管理に気を配って生活することが妊活をする際には大切といえます。